オルリファストダイエット効果口コミ

オルリファストの効果

オルリファストとはダイエット薬の定番である米国FDAより認可されている
ロッシュ社の「ゼニカル」のジェネリック薬剤のことです。

 

 

ジェネリック品とは

 

成分、効果がまったく同じ商品の廉価版といえる商品のことですね。

 

オルリファストは「オルリスタット」という抗肥満成分を含んでいます。

 

その効果は

 

脂肪を分解する消化酵素
「リパーゼ」の働きを阻害します。

 

 

リパーゼが不活性となることで、食べ物に含まれる脂肪は、
腸に吸収出来る脂肪酸やモノグリセリドに分解されないまま
余分な脂分30%を吸収せず体外へ排泄してくれるわけです。

 

油分の多い食事を続け、運動もしない場合
内蔵、皮下などに脂肪が蓄積されていきます。

 

 

みるみる体重は増えていきます。

 

 

10代、20代の頃は細胞の新陳代謝が活発なので
少々、油分の多い食事をしても体重は
それほど増えませんが、新陳代謝が鈍る30代〜は
脂肪が蓄積されやすくなってしまうんですね。

 

私、20代の頃は体重が54キロ程度でした。
しかし40代の現在は67キロほどあります。

 

食事内容があまり変わらないのに13キロも太ってしまいました。(苦笑)

 

よく思い違いをする人がいますが

 

「オルフィファスト」はいわゆるやせ薬ではありません。

 

現状の体脂肪や内蔵脂肪を燃焼する効果はないのです。

 

一言でいうと

 

油物を食べても体内に蓄積されす放出できるので

 

体型・体重の現状維持です。

 

つまり体重が増えないということですね。

 

あなたがダイエットをしたいのであれば
オルリファストを服用しながら
適度に運動し食事制限をすることで

 

痩せの効果は飛躍的に上がります。^^

 

実際にオルフィファストを服用している人は
どんなダイエット効果が出ているのか?

 

こちらで詳しく解説してますので確認してみてくださいね。

 

 

 

オルリファスト効果ダイエット糖尿病予防

 

 

オルリファストとオルファストの違い

オルリファストとオルファストって似てますよね。

 

名前が。

 

しかも同じダイエット効果がある。

 

でも、決定的に違いがあります。
それは・・・

 

オルリファストは米国認定を受けている薬で
オルファストはサプリメントであるということですね。

 

薬の場合ちゃんと効果がなければ認定されないし
副作用があることもあります。

 

オルリファストの成分検査証は個人輸入業者のオオサカ堂で
きちんと公開されていますので安心です。

 

オルリファストの効果は油の多い食事をした場合
摂取した油分の30%を体外へ強制排出し
内蔵脂肪、皮下脂肪への油の蓄積をさせないので
体重増加が起こりにくいわけです。

 

サプリメントであるオルファストの場合は目的が
ダイエットではなく、ダイエットを補助するものです。

 

薬=症状が出てそれを改善させる

 

サプリメント=症状が出るまえに予防する

 

当然、どちらが劇的な効果をあげるかわかりますよね。

 

オルリファストとオルファスト

 

価格の面でも大きく違います。

 

オルリファストはオオサカ堂では約2000円。
オルファストは約6000円。

 

三倍の違いがあります。

 

それなのに効果は価格が安いオルリファストのほうが高い
となると、あなたはどちらを選びます?

 

 

オルリファストが効かない人

ke

オルリファストは食べた食べ物の油分を体外へ排出することで
内蔵、皮下へ脂肪が蓄積されるのを阻害しますが

 

これは万人の太り気味の人に効果があるわけではないんですね。

 

太る原因にはいくつかあります。

 

油分の多い食生活をする。とんかつ、焼き肉、天ぷらなど油を多く使用する
食事中心で体重増加してしまった場合。

 

ケーキ、チョコレート、ジュース、駄菓子など甘いものを多く食べ
いわゆる間食が多い食生活。

 

米、うどんなど、炭水化物を多く食べる食生活。

 

このすべてにオルリファストの効果があるわけでなないんです。

 

オルリファストは油分の多い食生活で体重増加してしまった場合に
効果があるダイエット薬です。

 

なので

 

糖分、炭水化物中心の食生活の方には
残念ながら効果はあまり期待できないんですね。

 

ここを勘違いしてしまうと

 

オルリファストって全然効果ないじゃん!

 

こうなってしまうわけです。

 

また、炭水化物食生活中心の場合でも
オルリファストの効果は無いので注意してください。

 

全世界で愛用者が多く、信頼度抜群のオルリファストでも
全ての体重増加に対し効果があるわけではないので注意してくださいね。

 

軽い運動や食事制限をすることで総合的なダイエットが出来るので
自分の体重増加の原因を考えてオルリファストを効果的に
服用するようにしましょう。

 

 

 


オルリファストの副作用を改善させる方法

オルリファストはダイエット効果に優れた薬ですが
副作用というのもあります。

 

ダイエット効果に伴う副作用は

 

下痢

 

頻繁な排便

 

頻繁なおなら

 

これらはオルリスタットの成分が食事の油分30%を
体外へ排出させるときに起こる減少なので
少々の辛さはあっても、私としてはまったく問題はありません。

 

が、副作用の中で対策が必要なのは

 

油とともにビタミンを排出してしまうことです。

 

人間は体内でビタミンを作ることは出来ないので
一度排出されてしまったビタミンは食事や薬などで
補給しないとならないわけです。

 

オルリファストによって排出されたビタミンによって
ビタミン不足になり肌荒れを起こすことがあるんですね。

 

湿気のお多い季節はまだ良いですが
冬などは空気が乾燥するので
肌荒れが起こりやすいんです。

 

なので、ビタミン剤の補給が必要です。
サプリメントでもいいですがマルチにビタミンが
摂取できるものが良いでしょうね。^^